12
2015.6月
0 コメントはありません。

ドッグハウスココロでは新しいフード『犬の雑穀ごはん』の取り扱いを始めました!

どんなフードかの説明はホームページのPRODUCTSに詳しく載せてますので気になる方は覧ください。

その『いぬの雑穀ごはん』を作られているアニマルワンさんより、実際にフードを作っている自社工場を見学させていただけるということで行ってきました!

場所は福岡県久留米市。唐津からは1時間半ほどで着きました。

担当の方との挨拶を終えると早速工場へ。

image

 

作業服に着替えると、作業場に入る前に徹底した衛生チェックを受けます。

埃や汚れが付いてないか全身チェック、手に傷がないか爪は短いか髪の毛は出ていないかなど、あと体温まで測りました。

OKをもらうといよいよ中へ。

と思ったら、ここでもさらに長靴の裏、再度全身埃やゴミがついていないか、手洗い、爪洗い、消毒を終えようやく中へ。

食べ物を扱うのでやはり徹底した衛生チェックが行われていました。

工場内リーダーの方から説明をうけながら見学させていただきました。

まず、奥の方では犬の雑穀ごはんに使う九州産の鶏肉がミンチ状になっていました。ここで驚いたのが、お肉の新鮮さ!とても綺麗で良い色をしてます。さすがヒューマングレードのお肉です。

そのお肉や、野菜、雑穀をすりつぶして、粉状にして混ぜ合わせたものをエクストルーダーと言う大きな機械に通し、私たちが普段目にするドッグフードの形になります。

image

左に見える黄色い箱にお肉、野菜、雑穀がすり潰されたものが入ってます。それをこの緑の大きな機械に投入していきます。

image

この機械の黒い部分で焼きあげ形が作られて、右側の部分からドッグフードの形で出てきます。

image

画像中央奥は焼きあがったドッグフードが出てくるところです。

出てきたら、手前の金属探知機に通します。

image

右手前の青い機械は焼きあがったドッグフードを冷ます為に風が出てきています。

image

丁寧に検品され、団子状にくっついた部分などを手作業で取り除いているところです。この焼きたてのドッグフードの試食をさせていただいたのですが、普通においしくてビックリします!かつおのダシがきいていて、ついつい2口、3口と手がのびてしまう感じです。

スタッフの方曰く、お酒のつまみにしているお客様もいるんだとか。

興味のある方は当店で『犬の雑穀ごはん』試食OKですので、ぜひ食べてみてください。

image

この黄色い機械は、ドッグフードを適切な水分量にする為の乾燥機になります。5〜6時間かけて乾かします。

image

この袋に入ったフードは昨日作られた別の種類のドッグフードです。

今日はこのフードの袋詰め作業も見させていただきました。

image

この機械でドッグフードを計り、袋に入れられます。

image

こちらの機械で賞味期限が印字されます。

image

パッケージされた商品をひとつひとつ検品されます。

不備がなければ完成!

出荷されます。

image

この日はドッグフードが作られている横でおやつの『雑穀ポンせん』のかつお味が作られていました。

おやつの材料の雑穀にかつおも入ってます。

image

こちらの機械で焼き上げられます。

image

ノンオイルでパリッと香ばしく焼きあがりました。

こちらも出来たてを試食させていただいたのですが、当然おいしかったです!

工場見学させていただいて、ドッグフードの質、安全面に並々ならぬこだわりを感じました。

毎日ドッグフードを作ったあとは、2時間もの時間をかけて掃除をするというのも徹底ぶりがうかがえました。

ここまでオープンに実際に作っている現場を見せることができるということは、それだけ自信がないとできないことだと思います。

ドッグフード工場見学、すごく勉強になりました。

アニマルワンの方々ありがとうございました。

『犬の雑穀ごはん』に少しでも興味を持たれた方は、是非ご来店お待ちしております。サンプルも準備しております、ワンちゃんも飼い主様も試食可能です。

フードに関する悩み、質問等がございましたら当店(細見)までお気軽にどうぞ。


Comments are closed.